塗り替え・外壁塗装 メイクupショップ

お問合せ・資料請求

塗装業を行う業者の種類

塗装を行う業者は、タイプによって5つに分類することができます。それそれに特徴があるので、どの種類の業者で施工を行うかによって、施工品質や料金が変わります。

このページでは、塗装業者のタイプとそれぞれの特徴、業者の選び方のポイントについて紹介しています。

タイプ別、業者の特徴

業者の特徴

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、建物を建てた実績があり、新築からの保証を継続できるメリットがあります。但し、実際の施工は下請けの業者が行うので、中間マージンが発生して施工料金が割高になります。

また、施工業者を選ぶことが出来ないので、事前に施工力や対応の良し悪しを確認することができないといったデメリットがあります。

工務店

工務店は、住宅の建設や改築、リフォームをメインに手掛ける業者で、大工工事を得意とします。そのため、塗装工事は、下請けの業者に依頼するので、中間マージンが発生し、事前に施工力や対応の良し悪しを確認することができません。

リフォーム会社

リフォーム会社は、住宅のリフォーム全般を手掛ける業者です。

塗装と平行して、同一業者で他のリフォームを手掛けることが出来るので、複数のリフォームを検討している際は、施主の手間が省けてスムーズに施工を進めることができます。

但し、塗装を専門に手掛けていた業者が施工内容を増やしていった場合は、塗装の技術力や知識が備わっているので、塗装の品質に問題はありませんが、塗装以外を専門としていた業者は、塗装の技術力や知識が不足している場合があるので、注意が必要です。

家電量販店

家電量販店は、下請けが施工を行うので、中間マージンが発生し、事前に施工力や対応の良し悪しを確認することができないといったデメリットがあります。

塗装専門店

塗装専門店は、塗装を専門に手掛ける業者なので、最も知識と技術力が高い特徴があります。また、中間マージンが発生しないので、適正な価格で高品質な施工を行うことができます。

業者の選び方のポイント

業者の選び方

業者選ぶ際は、塗装専門店をオススメします。塗装専門店は、自社施工なので、施工の品質やお客様対応などの教育が行き届いています。また、中間マージンが発生しないので、高品質な施工を適正な価格で行うことができます。

但し、塗装専門店でも優劣があるので、複数業者を比較検討しましょう。

まとめ

塗装業者は、ハウスメーカー、リフォーム会社、家電量販店、塗装専門店に分類することができます。その中でも、塗装専門店は、高品質な施工を適正な価格で行うことがでるので、オススメです。

また、複数の塗装専門店から見積りを取得して、施工内容や価格、お客様対応などを十分に比較検討することが重要です。

コラム一覧

関連サイト
Related Sites

  • agcコーテック
  • agc株式会社
  • ルミステーション
  • Facebookページ
  • サラセーヌ
  • GlassPlaza
ページトップへ戻る