塗り替え・外壁塗装 メイクupショップ

お問合せ・資料請求

外壁・屋根塗装の事前調査・現地調査はどのようなことをするか?

外壁・屋根塗装は、建物の形状や劣化状況などによって施工内容が変わってくるため、事前に詳しく調査する必要があります。そのため、事前調査・現地調査を行わなければ工事はできません。

もし、あなたが何かの病気になった場合、医者に症状を診断してもらい、適切な薬を出してもらうと思います。塗装をする際の現地調査もこれと同じです。正しい診断をして、適切な塗料で塗装することが、大切なお家を長持ちさせるコツです。

このページでは、事前調査・現地調査の作業内容や重要性についてご紹介いたします。

事前調査・現地調査とは

事前調査・現地調査とは

事前調査・現地調査とは、見積書を作成するために実際に現地に行って建物の大きさや形、劣化状況などを確認する作業です。また、周囲の環境や敷地の広さなども把握し、施工がスムーズに行えるのかも併せて確認します。調査時間は30分~1時間程度かかります。

費用は業者によって異なりますが、一般的な診断の場合は無料です。ただし、雨漏りしている場合は、雨漏り箇所を特定するのに有料調査になる場合が多いです。

事前調査・現地調査はどのようなことをするのか

外壁の劣化状況を確認

外壁の劣化状況

まず目視でひび割れや浮き、破損などがないか確認します。外壁材がサイディングの場合は、ボードの反りやシーリング劣化も確認します。

目視で調査できない箇所は直接手で触り、白い粉が手につく「チョーキング現象」が起きていないかを確認したり、RC造のモルタルやタイル材の場合は、打診棒と呼ばれるハンマーで叩いて音で状態を判断します。

屋根の劣化状況を確認

屋根の劣化状況

屋根も外壁と同様に目視や手で直接触れて、ひび割れや破損、板金部のビスが外れていないかなどを確認します。また、瓦屋根の場合は、漆喰部分の状態も確認します。

屋根は外壁に比べて紫外線や雨の影響を受けやすく、さらに屋根材の種類によって対応が異なるため、状況をきちんと把握することが重要です。

面積の算出

面積の算出

図面がある場合は、専用のものさしを使用しながら塗装面積を算出します。ただし、図面に記載されていない箇所は、実際に計測したものと照らし合わせながら、正しい面積を算出します。

図面がない場合は、実際にスケールやレーザー測定器を用いて面積を計測します。

立地の確認

立地の確認

近隣との距離や道の広さから足場の設置が可能かを確認し、足場の面積を算出します。

また、足場を組む際はトラックで資材を搬入するため、トラックが通れる道幅なのか、駐車できるスペースはあるのかも確認します。


事前調査・現地調査の重要性

図面や坪数から概算を出すことは可能ですが、実際の面積や劣化状況、立地条件などは現地に行って確認しなければ判断できません。また、きちんと調査することでご提案できる見積もり内容が増えたり、よりご希望に沿った施工をすることができます。

事前調査・現地調査が不十分の場合、施工が始まってから多額の追加費用が発生したり、誤った方法で塗装が行われてしまう恐れもあります。

事前調査・現地調査は、適正な価格と施工を行うためにも、慎重に行うことが大切です。

ドローンを使った現地調査について

ドローン

近年では、ドローンを使用して屋根や屋上の調査を行う業者も増えてきています。

ドローンを使用することで屋根に登らず状況を把握できるため、安全かつ効率的に調査が行えます。また、撮影した動画はタブレット端末で見ることができるので、お客様もその場で状態を確認することができます。


まとめ

建物は一軒一軒、形や劣化状況が違うため、事前調査・現地調査を行い、状態を確認することがとても重要です。さらに、建物だけではなく立地条件も併せて把握し、その場所に合った見積もり内容はなにか、工事をスムーズに行えるのかなども確認します。

事前調査・現地調査は塗装をするにあたり必要な作業になりますので、正しい方法で丁寧に行うことが大切です。

コラム一覧

関連サイト
Related Sites

  • agcコーテック
  • agc株式会社
  • ルミステーション
  • Facebookページ
  • サラセーヌ
  • GlassPlaza
ページトップへ戻る